みじんこわんだーらんど - 祝・再検査 with 胃カメラ

祝・再検査 with 胃カメラ

こんばんは!
相変わらずの体調と用事があって実家に帰っていたので更新がまたまた滞っておりまする…。
六月はおそらく週に1回の更新になるかなーと思いまする。

そう、今日は生体検査の結果が出ているはず…の日だったのです。

しかし昨日の夕方に電話がかかってきまして、
「もうちょっと詳しい検査をしたいとのことで明日は簡単な結果しか出てないのですがそれでも良いですか??」とな。
2週間もあって何を調べとるんや!って思いながら結局、ほかの日が都合悪かったので簡単な結果を聞きに行ってまいりました!

カンピロバクターおらんかった_(:□ 」∠)_

簡単な結果って菌の培養しかおわっとらんやんけ!って先生が持っている結果の紙をチラチラ見ながら話を聞いておりました。

んで、なんと!
「これを調べてる人がね、リンパ腫っぽいって言ってて、もっと調べるために組織が欲しいって言ってるから再検査しよ!」

調べてる人、何者なん_(:□ 」∠)_
我はマウスとちゃうぞ!o(`ω´ )o
しかもさらっとリンパ腫とか言ってるんとちゃうぞ!o(`ω´ )o

っということで、7月に大腸内視鏡リターンズと胃カメラもやるのだ☆

ってかリンパ腫の可能性は想定外だったでござるなー_(:□ 」∠)_
クローン病か潰瘍性大腸炎の可能性があるとはよく言われているので今回もクローン病か…??とは思っていたのですが(´・_・`)
ってか我のわずかなリンパ腫の症状の記憶では首とかにあるリンパ腺にしこりが出来るやつじゃないんか!?
むむむと思いながらさっそくググったらリンパ腫の消化器型で腸管原発悪性リンパ腫っていうのがちゃんとあるみたいっすね(°_°)
MyMedというサイトから拝借しました

腸管原発悪性リンパ腫の診断基準としては,Dawsonらの提案した以下のような基準がある:

(1)表在リンパ節が触知されない

(2)胸部X線検査で上縦隔リンパ節の腫大が認められない

(3)末梢血で白血球や分画に異常がない

(4)術中所見で主病変は腸管にあり,所属リンパ節のみが侵される

(5)肝・脾に腫瘍が認められない.

 腸管悪性リンパ腫は多彩な病像を呈することから,小腸および結腸の腫瘍性疾患と炎症性疾患との鑑別が必要である.鑑別は基本的には病理組織診断でなされる.

…1番でさっそく首とかで触れるリンパ腺に異常がないことが肯定されているぜ!!!
「違うと思うんだけど」って言いながらリンパ腫の話をしてるときの主治医のテンションがいつもより低かったけど、拙者もテンション下がりますわ(°_°)

7月に検査して、どうせまた結果が出るのに2週間かかって…と考えるとはっきりするのは1か月後とかやろうけど、何か処置をしているわけでもないので体調もよろしゅうないしどうやって過ごせというのか(笑

っというわけで拙者、頑張ります!
みなさまも夏バテに気を付けてお過ごしくださいませ!

それでは!
スポンサーサイト
たこパティエ | Home | 対称×大正アリス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する