みじんこわんだーらんど - 全身弛緩法が難しい
FC2ブログ

全身弛緩法が難しい

こんばんは!
7月最後の金曜日ですねー_(:□ 」∠)_
もう8月かよっていう感じですね。。。

今日は月に1回、外部のカウンセラーさんによるカウンセリングが行われる日でして、いろいろありましたのでとりあえず行ってみようってことで予約して行ってきました(*´v`)

初回だし、1時間ぐらいだしってことでそんなに多くは話していないのですが、全身弛緩法っていうのを教えてもらいました!

ネットでググると筋弛緩法とかって出てくるのですが、スポーツ選手とかがメンタルトレーニングにも取り入れている方法らしいΣ

自分が教わったやり方は肩バージョンだったのですが、全身弛緩法というだけあって他の部位もやると良いらしい。

やり方はとても簡単で、息を吸いながら肩に力を入れてギューッと首に寄せていきます。
そのまま5秒ぐらいしたらゆーっくり息を吐きながら力を抜いて肩を下げていきます。
力が0%になるまで脱力する!

っていうのをやったのですが、脱力するのが無理!(笑

カウンセラーさんに方に手を置いてもらって拙者の肩を押してもらって脱力の感覚を教えてもらったのですが1人では無理でござった_(:□ 」∠)_
拙者の体はいろいろなところに力が入りすぎてて、きっと寝てるときも力が入ってるだろうよって感じらしい(笑

脱力したときの感覚は不思議過ぎて吐き気がした!_(:□ 」∠)_
なんか肩がぼやーっとした感覚がすご過ぎたぜ!_(:□ 」∠)_
いやーせっかく教えてもらったし1人でも脱力できるようになりたいなー(´・_・`)

みなさんもぜひ簡単なのでやり方をググってリラックスにでもやってみてください!
脱力ができないと、これ何の意味があるんだよwwwってなって効果は感じられない(笑

そして、今日はうちのラボの博士3年生になる留学生の博士論文発表会があったのですよね。
うちの所属機関での博士論文発表会というのは英語で15-20分で発表、だいたい10分以上の質疑応答っていう感じです。
これがまた大変で…(´・_・`)
ちなみに今日までは、
一昨日→まだスライドできてない
昨日→リハを初めてやったら45分も話してストーリー意味不明。
って感じでもう諦めつつみんなで頭抱えてたんですよねヽ(´∀`)ノ
昨日、助教授やポスドクさんたちに囲まれ、ひたすら修正され、今日!
35分のプレゼン!Σ
我々からしたら「おー10分縮めて、ストーリーも何かわかる気がする!」っていうレベルに!
会場的には「おいおい、こいついつまで喋んねんwww」っていう感じ(笑

そして発表終了後は例の何人かの研究室外の教授で構成されたミニ委員会と発表者のディスカッションという名のボコりが始まる(笑
今回の留学生の彼はびっくりするぐらいプライドが高い方で、人に何かを教えてもらうときも「教えてほしい」とかじゃなくて「意見交換させてくれ」みたいな言い方らしくて初めてその話を聞いたときはちょっとびっくりした(笑

そして彼の委員会メンバーはうちの機関では選りすぐりのクレイジーな方々でなぜか構成されていまして、一年前、先月に私がやった委員会メンバーに対するプレゼンを彼がやった際にはボコボコにされてテーマを変えさせられた経緯がある(笑
彼の研究も確かにヤバかったがテーマを変えさせた委員会メンバーもかなりヤバい(*´v`)
ちなみにその中の1人は我が敬愛して止まない熱血大先生だ!!!(白目
なんでよりによってクレイジーな集団で固めたのか…。
教授からのイジメとも思える勢いやで。。。
ちなみに1人は熱血大先生なのだが、別になかなか過激な女性教授がメンバーにおられまして、その方は留学生の彼が入試を受けに来た当時の審査で「私、彼きらい!」とデカい声で言っていたという因縁がある(笑
そのことはもちろん彼は知らないのだが、それを聞いていたはずのうちの教授が委員会メンバーに入れさせたというのは業が深すぎると思う_(:□ 」∠)_
そう考えるとうちの教授もかなりクレイジーな部類でしょうな(笑
ほかのメンバーのこともあんまり書いちゃうとうっかり特定された時が怖いので(笑)、クレイジーであることは間違いないとだけ言っておきます☆

っということで今日もかなりボコられて帰ってきたらしく、彼はすごくイライラした様子ですぐに帰ってしまったとラボの人が言っていました。
私は彼の発表会のあとに別のお勉強会に行っていたため入れ違いだったなり。
イライラしてたってことは卒業が認められなかったのだろうか。。。
発表までしててそんなことがあるのかちょっと心配だけど怖いっすねー_(:□ 」∠)_

我も来年やることになるだろうから死ぬだろうな・・・(笑
とりあえず英語の受け答えからできるようにならないと(汗

それでは!
スポンサーサイト



ネット音痴な妹君に学ぶ若者のネットリテラシー | Home | 単純パーセプトロンと食材宅配とqPCR

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する