みじんこわんだーらんど - 答えは出た!

答えは出た!

こんばんは!
いただいたコメントを見ていたけど、バタバタしておりまして返事が先ほどになりました。。。

前回から人生どうする問題が発生していたのですが、とりあえず答えが出まして一段落したようなしてないようなっていう感じです(^-^)/
結論から報告いたしますと「このまま研究所に残りまして研究員になることになりました and 学位取得のための研究も継続」
つまりプロジェクトのお仕事をしつつ、学位取得を目指してそのための研究もいたしまする_(:□ 」∠)_
何年後に学位が取れるのかほんと不明な気がするという嫌な予感がしますが…(笑

この選択肢を選んだ要因としてはですね、やはり自分の体調の問題で、病気を隠して働くことで体調が悪化するかもしれない覚悟をしてまで働きたい会社なのかというところとかですかね。。。
めっちゃ良い人たちばっかりなんだけど、これでよいのか…と自分に思うことがあったっちゃあったので|ω・`)
あとはやっぱり学位をちゃんと取りたいなっていうところですね(*´v`)
病気になるまで実験したんだから学位ぐらいもらわないと割に合わないぜ!って言いたくなることがある(笑

この問題の解決のために実家に帰ってきたんですけど、
「えっ研究員になるんじゃないの?」
「そもそもお前にOLとか無理だと思ってたんだよなー」
「研究所から出てくるな☆」
などなど暴言(笑)をいただきまして、ほとんど家族会議は役には立ちませんでした(笑
ただ、学費をときとぎ援助してくれている父が「ここまでやったのだから学位は取りなさい」とおっしゃっていました。
学位取れって言うのはもはや研究所に残るという選択肢を選ぶようなものですが父がそこまで考えて言ったかは謎。。。

ただ、ここ1,2年の山盛りのトラブルのおかげで研究者になりたいかと言われればちょっとうんざりしていた部分が大きいのですが、面白い解析結果を見るとテンションは上がるので、研究成果に罪はないんですよね_(:□ 」∠)_
何かの本にも「全てのトラブルは人間関係のトラブルに帰結する」的なことが書いてありましたし、人間が悪いっすね(笑
だから研究自体はまだ好きなんじゃないかなーって思うことはある|ω・`)

なので少なくとも学位取得まではポストマスターとしてお仕事をさせていただいて、学位を取ったタイミングでポストドクターに進化して研究者としてやっていくのか、サラリーマンとして企業への転職を目指すのかを決めようかなと!
まぁ学位を優先して研究者か、サラリーマンかは後伸ばしにしたという感じですが(汗
そして、学位が取れたころに年齢的な問題で果たしてサラリーマンに転職できるのかという問題が今度は発生すると思われますが(笑
35歳転職限界説というものを信じるならば35歳までに学位を取りたい!欲を言うなら30歳までに取りたい…ヽ(´∀`)ノ

あとこれは決して良いことではないのですが、私が体調不良やらテンションがぶっ壊れ現象を起こすようになってから研究室の雰囲気が優しくなったので治療にはとても良さそうだっていう(笑
病気の人に優しい研究室になったね☆(笑

っという感じでございます。
内定をいただいていた企業は本当に申し訳ないとしか言いようがないのですが、そもそも病気を隠していたことがダメだからな…(´・_・`)

プロジェクトの採択が先週で、会議が来週だから早く決めろ!!的なことになってバタバタしましたが、短期間でバサ!っと決めた方がいっそのこと良いかもしれませんね!
春からも家の引っ越しだけして、こんな感じで過ごしていくことになりましたがどうぞよろしくお願いいたします!

それでは!
スポンサーサイト
夢の国に住みたい | Home | 人生の分岐点へ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する