みじんこわんだーらんど - 愚かなオダマキに出会うの巻
FC2ブログ

愚かなオダマキに出会うの巻

こんにちは!
今日は朝から下界に用事がありましてとっとこ外の世界に行って参りました。

んで、最近はもう毎週のように通っておりますイトーヨーカドーに行ってお買い物をし、帰り道を歩いていたのですがいつもは閉まっていたお花屋さんがなぜか開いておりまして、ふら〜と行ってみました(*´ω`)┛

学部・修士で住んでいたところとは気候が違うこともあり、置いてある花の種類が違うくて面白かったですヾ(o´∀`o)ノ

実は最近、『なんか生き物飼いたいな』って思っていたのですが『お前は生き物を育てるのに向いてねぇよ』と昔から言われていたこともあってどうするか悩んでいたんですよね_(:□ 」∠)_
でも学部時代には小さいプランターでお花を何種類か育てていた時期もあるんだぜ?(笑
ヤドカリや亀なら飼えるかな…とか考えてたんですけど、飽きたら捨てるとかは絶対にダメだしな…という思いもありまして断念しておりました。
それで花屋に通りかかったのも何かの縁かと思い、手頃そうなオダマキという花を育てることにしました。

『こいつ育てるの簡単そうだな』と見た瞬間になんとなく思ったのですが、ネットでググったら本当に簡単みたいですね、初心者向けって書いてありました(笑
学部・修士と植物を扱っていたが故に培われたのか、一応農学部出身だから培われたのかよく分からない直感で買われたオダマキ氏ですが元気に育ってほしいですね(*´v`)
せっかくなので写真を載せたかったのですが帰り道の間でグッタリしていたので数日、様子を見て元気になったらアップしたい所存でありますのでお楽しみにヽ(´∀`)ノ

そしてあまり披露する機会も活かされる機会もないのでリアルの知り合いもほとんど知らないのですが、花言葉を調べるのが地味に好きでこれが面白いんですよね。
活かされることがないというのは別に花言葉を暗記しているわけではないので「アネモネ!」→「純粋無垢!」という風に宴会で喜ばれそうなことはできないんですよ(´∀`σ)σ
調べるのが好きっていうだけだからね!(笑
花言葉ってその成り立ちとかを調べると神話とか発祥の地域の伝承が絡んでいたりするのでかなり面白いですよ
ただ最近、花言葉を流行らせようとした動きからか良い意味の花言葉だけが選ばれていたり、無理に作った花言葉があったりしてそれはいいのか…?と思っていますが(・ω・`彡 )з

ちなみにオダマキの花言葉は…
愚か
特に白いオダマキを買ったのですが白いオダマキの花言葉は…
心配して震える
オダマキ氏、大丈夫か!?
お前はそんな花言葉でいいのか!?
って思ってさらに調べてたら『勝利』といういい意味の花言葉もあって安心しました。
愚かというのはむかしむかしヨーロッパの道化芝居でピエロの役をやっていた娘が持つ杯の形にこの花の形が似ているから来ているそうで、心配して震えるというのはこの花はヨーロッパで捨てられた恋人の象徴でもあるからだそうな…byネット情報
ちなみに勝利というのはライオンがこの花の葉を食うから強力な力があるのではという伝承があって人々が両手に葉をこすりつけると勇気が出るという話…かららしい(゚∀゚)
しかし、オダマキにはプロトアネモニンという毒があるでやんすよ☆
こんなん両手に塗りつけたら勇気どころかただれるぞ!(笑
なんたってトリカブト先輩が所属しているキンポウゲ科の植物やぞ!(´∀`σ)σ
種増やすよりも毒で生き残ってきたやつらやぞ!(^ω^ ≡ ^ω^)
っていうことで店で株を選ぶときにはキンポウゲ科情報を知らなかったので虫とか健康状態を見るためにグリグリ触りまくっていたましたがただれないことを祈りたいですね_(:□ 」∠)_
汁はほんとにダメらしいですが、肌が弱い人は葉っぱとかでもただれちゃうとか(汗
もしうっかり食べたら最悪だと心臓マヒになるらしい☆
野生でも生えているので人間はともかくペットたちは気をつけなあきませんで!

↓おまけ↓
プロトアネモニンの構造をググってみたら可愛かった件
KIMG0657.jpg

っということでこれからオダマキ氏と頑張って暮らしていこうと思いますヽ(´∀`)ノ
それでは!
スポンサーサイト



無理だと思ってからが本番 | Home | 論文は友達

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する